お知らせ

2017.03.16

空き家・空地売りませんか!

不動産売却専門、未来堂のホームページを見ていただきありがとうございます。

 未来堂では、

空き家(使用していない、貸していない)

空き地(整備していない駐車場等)

空きアパート等の売買に力を入れています。

 

 

売却相談は無料にて随時受付けております。

 

【お問い合わせ】からもお気軽にどうぞ。

 

今回は、横浜市の空き家、空きアパートの

未来堂の売却実績をご紹介します。

(横浜市の空きアパートの場合)

建物は、築40年以上で4世帯中1世帯入居中のアパートの売却相談があり、早速調査をしたところ

以下の点をクリアーしていくことになりましたが、

結果としては、売却相談~契約まで1か月半、

契約~決済まで1か月で無事終了しました。

早く契約出来た事で売主様に喜んでいただきました。

 

≪契約までにクリアーにしなければならなかった点≫

 

1.土地の一部が崖地の為、有効面積(平坦な部分)の確定が必要。

2.測量図面が古いので、新たな作成が必要。

3.隣地の水道管が敷地内にある為、撤去について隣地所有者と協議が必要。

4.入居者の引っ越し。

 

1.2については、同じ区の測量士(以前から付合いのある測量事務所)に依頼し、有効面積

  と、全体面積を確定しました。1か月半位で、隣接地全ての立会いが完了しました。

 

3.について、私の方で隣接地所有者に境界確認と、水道管の移設などについて説明させて

  もらったところ、「購入を検討したい」との話になり、最終的にはこの隣接地所有者様が

  購入する事になりました。(こういうケースは稀にあります。)

4.については、売主と賃借人の間で合意となり、決済前に引越していただきました。

 

(横浜市の空き家の場合)

相続登記が未了の住宅購入相談で、親族間売買になる為、まずは、売買価格について調査しました。

税務署に直接確認したところ、土地については路線価の1.25倍、建物については固定資産税評価

価格で売買するようにとの指導があり、その算出根拠を契約書に明示して契約することになりました。

 

最初の相談~調査~売主・買主の売買価格合意

~相続登記~契約まで、約2か月

契約~決済まで約2か月で無事終了しました。

 

(未来堂代表 皆川)

買主が住宅ローンを利用する場合、金融機関は【不動産業者の作成した契約書・重要事項説明書】

の提出を求めますので、個人間売買の場合でも【不動産仲介業者】に依頼し、契約関係書類を作成

してもらう方がスムーズに手続きが出来ます。

 

未来堂は、売却専門の仲介を行っている不動産業者ですが、購入に関しての相談も承っております。

ご相談は、お問い合わせ よりお願いいたします。未来堂提携の金融機関にて、ローンの事前審査

も受付けております。

 

 

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ