お知らせ

2017.06.20

中古マンションを早く売る作戦!

今回は、中古マンションを早く売る為の3つのポイントについてお話します。

 

早く売るからと言って、ただ安く売った方がいい。という話ではありません。

早く、なるべく高く売る為のポイントをお話しします。

1ヶ月以内に売る事を目標としてお話いたします。

 

 

 

売却を依頼された仲介業者も、本音は出来るだけ早く売りたいのですから

そこをうまく立ち回る事で、早く少しでも高く売れます。

 

 

1.まず最初に買取価格を出してもらう。

 

あくまでも、買取価格を出してもらうだけです。

その価格で直ぐに売るわけではありません。

売主様にとっても、早い段階で最低売却価格を知っておけば、気持ちも

落ち着きます。

最終的に買取になるとしても、その価格から更に交渉してもらい、買取価格

を上げてもらう事も可能です。

 

これは、一般顧客で売れなかった場合の保険です。

 

 

 

売りに出してから早い段階であれば、時間的余裕が売主様にはあります。

まだ、その金額では売らない。

と、拒否できるので、売主様の方が有利な状況です。

有能な担当であれば、一般顧客への宣伝と同時に、さらに高く買う買取業者

を毎日探し始めます。

こうする事で、一般顧客で買手が現れなくとも、買取業者の中の最高値で

売却できる可能性が出てきます。

 

 

 

 

2.情報公開をすぐに行ってもらえる業者に任せる。

 

仲介業者は、売却の依頼を受けてから販売図面作成や、マンションの調査

を行います。

マンションの場合、調査項目は少ないので販売図面はすぐに作成できます。

重要なのは、早く多くの業者に「このマンションが売りに出た」という

情報を与える事です。

 

レインズという不動産業者の物件情報登録機関があります。

 

 

 

1日も早く登録をしてもらい、情報を流すことを約束させてください。

新物件で、流通性のある物件は朝から業者の問合せが多くあります。

その業者に、現在購入顧客がいなくとも、

「ホームページに掲載したい。写真を撮りたい。」

「広告に掲載したい」

等の問合せがしばらく続きます。

これを全て承諾する事により

1社では不可能な多くの宣伝が出来るという訳です。

 

また、多くの買取業者もレインズを毎日見ます。

まだ物件の存在を知らない業者から

高値の申込が入る事もあります。

 

 

 

 

 

3.売出価格を他の部屋より10%位下げて出す。

 

他の部屋が多く売りに出ている場合、同じような価格ではなかなか

売れません。

 

他の部屋が2980万であれば、2680万か、2580万位で当初

から売りに出した方が早く売れる確率は上がります。

 

売りに出す物件に多少の不利があっても(日当たりが悪い・階数が下等)

価格が10%安ければ注目を浴びます。

 

 

 

1ヶ月という期間で、少しでも高く売る。

という事は、現在の相場から見ると10%位安く売るという事になります。

 

損をするように思われますが、早期売却によってローンが無くなり

管理費・固定資産税や駐車場料金の負担もなくなります。

売却価格が安くなったとしても、長い目で見れば、大きく損はしていない

事になります。

 

 

中古マンションを早めに売りたい。

というお客様、未来堂にお気軽にご相談ください。

 

 

 

無料査定のお申込み からは、24時間受付しております。

お返事は、簡易調査後なるべく早めにご連絡させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ