お知らせ

2017.06.28

不動産を売るときに、条件って付けていいの? 

未来堂は、不動産売却専門の会社ですが、相談されるお客様の状況によっては

不動産を売らない方が良い場合もあります。

 

いい解決策をご提案できる場合もございますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

なるべく早めにお答えさせていただきます。もちろん、費用はかかりません。

 

 

売らない方が良い(よく考えた方が良い)場合は・・・

 

1.今売っても借り入れが返せない場合。(債務が残ってしまう場合です。)

  ローンの借り換えや、資金援助で数年間保有しておいてから、売却を考えた方が良いです。

 

2.不動産業者を通さず、個人間で売買する場合。(友人、知人との直接売買を持ち掛けられている場合。)

  後々トラブルにならないように、不動産業者に調査、契約書作成を依頼して行った方が良いです。

 

3.土地の一部を隣地に売る事によって、自分の所有する土地の価値が大きく下がる可能性がある場合。

  土地の一部を分筆して、売却する事はよくありますが、不利が無いかよく確認するべきです。

  また、土地の一部を売る場合(庭先など)税金がかかりますので、よく計算した方が良いです。

 

 

 

不動産のご売却を考える場合、専門家の意見を聞いてみた方が間違いはありません。

 

専門家に聞いてみる事で、自分の考えでいいか、もっといい方法があったかどうか

がはっきりします。

 

 

もしかしたら、売却する以外に、課題を解決できる方法があるかもしれません。

 

 

住んでいない、賃貸にも出していない空き家を所有している場合は、

 

固定資産税等や、火災保険料などの維持費用がかかるので、

 

その空き家を必要としている人や、事業を行う会社に売却した方が

良いです。

 

 

現在住んでいる家の売却を考えている場合、大事な事は

 

住替え先がどこか、という事です。

 

 

親や、子供と同居する為に自宅を売却するケースでは、売却した方が良いです。

 

名義や、持分の贈与などを行えば、長い目で見れば相続対策になります。

 

 

 

不動産を売却しなくとも、住宅ローンの借り換えを行えば、返済額の負担が

 

かなり軽減される場合もあります。こういう場合は売らない方がいいです。

 

 

 

売っても、住宅ローンがまだ残ってしまうような場合は、売らずに、賃貸した方が

いいかもしれません。この場合は、金融機関との相談も必要になります。

 

 

土地・建物の場合、測量図が無い場合は、すぐには売却できません。

 

買う人から見て、

①この土地はどんな形をしているのか。

②どこからどこまでがこの土地なのか。

③塀や、フェンスはこの土地に入っているのか。

 

が、わからない物件は購入の対象にはならないし、住宅ローンも組めません。

 

 

測量に時間がかかる場合もありますので、早めに相談されることをお勧めします。

 

 

無料査定や、売却相談は随時受付しております。

定休日や、時間外でもメールのチェックは毎日行っておりますので

お気軽に、お申し付けください。

ご相談していただいたお客様にいい提案が出来るよう、一緒に解決策を

考えて行きたいと思います。

 

ご相談は、お問い合わせから受け付けさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ