お知らせ

2017.07.30

査定が高い会社は絶対選ぶな!

不動産を売る時は、査定が高い不動産屋を選ぶべきか?

今回は、この質問にお答えいたします。

 

 

結論から言うと、周辺相場が上がっている時は、

査定金額が高い業者を選ぶべきで、

 

反対に、下がっている時(相場が変わっていない場合も含みます。)

は、査定金額が高い業者は選ばない方が良い。です。

 

周辺相場は、上がっているのか、下がっているのかを調べる。

 

 

周辺相場は、ある程度、簡単に調べる事は出来ます。

 

マンションの場合は、SUUMOなどの物件情報が多いサイトを

見てみる事です。

 

同じマンションが、数か月間掲載され続けているか、新着物件として

掲載されていたものが、1ヶ月で消えている(売れている)か。を

チェックすればいいのです。

 

売りに出す、数か月前から不動産屋のようによくチェックして、情報を

集めておいた方が良いです。

 

 

 

土地や、中古住宅の場合も、近隣エリアで売りに出ている物件が

売れているか、売出価格を下げているか?

 

新築分譲物件なども、全区画完成済。という物件が近くにある場合は

周辺エリアはあまり動きが良くない。という事になりますので、

 

あなたが、土地や中古住宅を売るのであれば、よくチェックしてみた方が良いです。

 

 

 

周辺相場が上がっている時は?

 

周辺相場が上がっている時は、ここ数年の成約事例はあてになりません。

 

隣の駅などの類似物件が、どのくらい上がっているかを、しっかりと分析し、

 

ある程度根拠のある、高目の査定価格を出せる担当に任せた方が良いと思います。

 

査定価格については、方程式は存在しないので、各社担当の感覚によります。

 

 

周辺相場が下がっている、または変わっていない時は?

 

周辺相場が下がっている場合、変わっていない場合に、高い査定価格を提示

するのはおかしいです。

 

査定価格が他社より安くとも、根拠を示し、現在の査定価格を提示してくれる

誠実な不動産屋の意見を聞いた方が良い結果を生みます。

 

前回も書きましたが、不動産屋の目的が売却する事ではなく、売却の依頼を受ける事

になっていると、とにかく高い査定価格を出してきます。

 

 

いくら担当が頑張ったとしても、購入者は高いと解っていて買う事はしませんので

 

高い価格で売りに出している数か月間が無駄になってしまいます。

 

数か月先には、更に価格が下がっている事もありますので

 

ぜひご注意してください。

 

 

購入する側になって考えれば、簡単にわかります。

 

不動産を探している人は、毎日のように、情報を集めているので

ある意味、不動産屋と同じくらいの物件知識があります。

今は、情報を集めるのは簡単ですから。

 

下がっている、安定しているエリアで、今までよりも高い物件を

買う事はほとんどありません。

 

新築マンションの販売価格や、売れ行きが周辺相場が

上がるか、下がるかのカギを握っています!

 

 

売ろうとしている物件の近くに、新築マンションの分譲が行われている

場合は、要チェックです。

 

新築マンションの価格は、周辺相場を大きく変えていきます。

 

新築マンションの売れ行きが良い場合は、周辺の中古マンションや

 

土地・一戸建て等も値上がりする場合があります。

 

 

完成しても、まだ売れていない部屋が多数あるという場合は

新築マンションも値下げを行う事になりますので、

 

周囲の中古物件も、少し売れる金額が下がってくることが多いです。

 

 

 

 

未来堂は、売却依頼を受ける事ではなく、売却する事を目的とした

 

査定価格を提示させていただいております。

 

査定価格とは、通常3か月位には売れると思われる不動産の価格なので

 

媒介期間の3ヶ月で売れないような、高い売値で市場に出してもそうそう

 

売れるものではありません。

 

 

 

一括査定サイト等では、「他の不動産屋の査定より数百万高く売れた。」

というような記事もありますが、これは、不動産が値上がりしている

一部のエリアの話ですので、全てのエリアで、今までより高く売れている

という事ではありません。

 

 

不動産の査定は、随時受付しております。

 

売却に関するご相談は、お問い合わせ よりメールにて

受付けさせていただきます。

 

 

 

 

 

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ