お知らせ

2017.10.14

売却専門の不動産業者

  未来堂は、不動産売却専門の会社です。

 

今回は、不動産を売却する時、売却専門の会社に依頼する

メリット・疑問についてご説明いたします。

 

 

1.買主は探さないのに、どうやって高く売るのでしょうか?

 

売却専門の会社は、自社で不動産の購入客を探さず

他社に物件情報を公開し、購入客を探してもらいます。

 

物件を気に入っている買主であれば、価格交渉が通らなくても

買ってくれるケースは多いのです。

未来堂は、買主側の仲介業者から「あとどのくらい買値は上がりそうか?」

を聞き出し、買主が譲歩する最高値を引き出します。

 

 

購入客の条件に対し、買主に「この条件は飲めません」

「あと数人検討している人がいるので、現時点では交渉は無理です」

「100万の値引きは無理だが、50万の値引きなら契約してもいい」

等、きっぱりと回答します。

 

 

売主担当業者として、買主とはあえて接触せず、売主側に立った

交渉を行います。

もちろんある程度の譲歩は必要になりますが、売主側に立った交渉

を行う事によって、少しでも売主様にとって条件の良い価格での

契約が可能になります。

 

 

 

 

2.売主側と、買主側の両方の交渉を1社で行うのは

  矛盾しています。

 

売主様の希望は、少しでも高く売る事です。

 

それに対し、

買主側の希望は、少しでも安く買う事です。

ここを交渉するのが、仲介業者の仕事です。

交渉次第で、売買価格に数十万~数百万の差が出ます。

買主は、【あと100万円高くても購入出来た】という事

のあるかも知れません。

 

 

買主が物件を気に入っているなら、購入希望価格より

多少価格が上がっても購入する事に問題はありません。

単なる「気持ちの問題」です。

買主は、借入額を少し増やすか、自己資金を上乗せすれば

良いのですが、売主は手取り金額に直接響きます。

 

買主が100万円多く借り入れをした場合は、月々返済が数千円増えるだけ

ですが、売主が100万円値下げした場合は、手取り金額が100万円

少なくなるのです。

 

 

同じ100万円でも、この差は大きいです。

 

 

売主の担当が、買主も担当しているケースでは、

「買主の要望を少しでも叶えたいので、売主に譲歩してもらう」

という事になる場合が多いですが、

これは、売主にとって迷惑な話です。

 

売主の担当であれば、ビジネスに徹し、買主側の要望をある程度抑え

交渉しなければ、高くは売れません。

 

 

 

売却と購入の両方を行う事は、企業にとっては売上が上がっていいのですが

売主様にとっては、過度な交渉を受けてしまうケースが多いのです。

 

 

3.「このエリアでマンション 土地を探しているお客様がいる」

   という広告は本当か?

 

 

 毎週のように広告が入ってくるので

「それほど買主がいるのなら、すぐに売れそうだ。」

 と思うのは早計です。 

 

 

 

基本的には、不動産は、相場より安ければ、不動産業者が買取ります。

買取業者も、探している購入客の一人ですから、買取業者も含めた

購入客になります。

(未来堂にも多くの買取業者という購入客は多くおります。)

 

 

 

あとは、来店や、NETの反響客で

「まだ、急いではいないが、売りに出たら教えて欲しい」

という具体性の無い購入予定者も含んでいます。

 

本当に、購入客がいる場合はごく稀です。

広告の目的は、単なる売り物件の集客行為がほとんどです。

それほど購入客がいるのなら、そのエリアで売りに出ている他の物件を

交渉して購入しているはずです。

 

4.売却専門の不動産業者は少ない

 

中古住宅を少しでも高く売るには、少し高くとも購入していただける

買主を探さなければなりません。

 

売却専門業者が、依頼された物件を宣伝して、高く買う買主を探すのは

矛盾しています。

(買主の担当になっては、売主側に立った交渉が出来ないです。)

 

売却専門業者は、業界で言われている【両手契約】は、原則として行いません。

 

 

未来堂は、横浜ではまだ少ない不動産売却に特化した不動産業者です。

先週も、中区の不動産を売買させていただきました。

不動産の売却をお考えの際は、ぜひご相談ください。

 

すぐにではないが、来年以降に不動産の売却を考えている。

まだどうするか迷っているという不動産所有者様も

お気軽にご相談ください。

 

 お問合わせ (不動産の売買の相談)

無料査定を依頼する (不動産の査定を依頼する場合)

より随時受付いたしております。

 

(未来堂代表 皆川)

 

 

 

 

 

 

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ