お知らせ

2017.10.31

隣接した【空き家・空地】と一緒に売るメリット

今回は、隣接地が売りに出た時に、現在の自宅(または、土地)

を一緒に売った方が良い場合のお話です。

 

現在でも、閲覧されるお客様が多い、

自宅に隣接した【空き家・空地】を購入するには

の、逆パターン(一緒に売るメリット)についてご説明します。

 

 

自宅や、ご所有されている土地で、単体では評価が低くなってしまう土地

例えば、再建築が出来ない土地や、車庫が無い土地、日当たりの悪い土地

小さすぎて住宅が建てられない土地は、隣地と一緒に売った方が、高く売

れる事が多いです。

隣地が売りに出るのは、滅多にないチャンスですので

一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

または、隣地を購入してから一緒に売れば、所有している評価の低い土地

が高く売れる事になります。

資金に余裕があるのであれば、隣地を買っておいた方が良いですね。

 

 

 

1.自宅の間口(道路に接している部分)が2Mに満たない場合

 

売りに出ている隣地を買う。というのももちろん良い方法です。

しかし、購入するには費用がかかります。

隣地だからと言って、安く売ってくれる保証はありません。

 

老後まで、現在の場所に住むことを考えていない場合は、このタイミングで売

った方が単体で売るよりも、土地としては高く売れます。

※単体では、【再建築が出来ない土地】の為、売れない可能性が高いです。

 

基本的には、道路に2M以上接していない土地は、再建築が出来ません。

特例によって認められるケースも有りますが、建築物の大きさなどに制限が

ある場合も多いです。

 

 

 

古家付土地を、不動産業者が購入し、隣接地所有者と境界の立会い等を行っ

た際に、「私も売却を考えているので、購入しませんか?」

と、隣地所有者から相談があるケースは結構多いです。

 

不動産業者は、購入できる土地が広ければ、多くの区画が販売できますので

価格の折合いさえつけば、購入します。

 

単体では、再建築が出来ない、若しくは再建築が出来たとしても、建物

の大きさ等に制限がある土地になってしまいますから、相場では売れません。

この「隣地が売りに出している」チャンスを逃す手は無いと思います。

 

 

2.小さな土地の場合

 

住宅が建築できる土地の広さは、その地形にもよりますが、敷地として使え

る部分が40㎡以上は無いと、3LDK3階建ての建物の建築は困難です。

100㎡の広さがある土地でも、地形が悪く、単体では建築が難しい

場合もあります。

 

土地の価値は、【その土地にどのような建物が建築できるか】で大きく評価

が違ってきます。

単体で所有していても、利用する事が困難な土地は、隣地と一緒に売ってし

まった方が良いと思います。

 

 

3.隣地が古家付土地や、更地の場合は一緒に売れる可能性は高い

 

 

建築協定などの規制が無く、容積率が100%以上の場所では、土地の分筆は

ある程度自由に出来ますので、隣地を購入する事のメリットは、購入する買主

業者にとって大きなメリットがあります。

また、隣地を一緒に購入する事によって、地形が良くなったり、マンションや

アパート等の建築が可能になれば、評価も高くなります。

 

古家付土地や、更地の場合、不動産業者は必ず検討しますし、出来れば隣地も

購入したいというケースは多いです。

いい条件で購入してもらえる事も考えられますので、良く検討された方が良い

です。

 

4.では、どのタイミングで、誰に相談した方が良いのか?

 

 

隣地所有者から、一緒に売りに出しませんか?

というようないい話は、期待できません。

 

隣地は、隣地なりの考えや、事情があって不動産を売却するのであって

単体で十分買い手が付く物件です。隣地と普段から良い関係があればいい

ですが、そうでない場合は、「売りに出しているなら、うちも一緒に・・」

とは言わない方が良いです。

 

 

あまり、お付き合いをされていないようであれば、あえて一緒に売るのでは

なく測量立会い等が済んだ後に、不動産業者に話してみた方が良いです。

 

 

(未来堂代表 皆川)

 

 

一般個人が購入する場合は、予算の関係上隣地も購入する事は稀ですが、

動産業者が事業用地として購入する場合は、ほぼ売買成立になります。

 

不動産売却についての色々な情報は、

カテゴリーの【売却のポイント】

をぜひご覧ください。

 

土地の売却相談は随時受付しております。

お気軽にご連絡ください。

 

お問合わせ からのメール相談は、24時間受付させていただき、

翌日には一度ご返信させていただいております。

 

 

 

 

 

 

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ