お知らせ

2017.12.09

【認知症】になる前に自宅は売っておく

認知症になる前に、親の自宅は売っておいた方が良い?

についてのお話です。

 

 

 

私の母も、認知症で昨年からグループホームに入所しております。

現在要介護2ですが、ホームでは散歩やドライブ、外食なども

連れて行ってもらえるので、安心して任せております。

 

 

月に2回の通院がありますが、その時は車で迎えに行き、外食
をしています。昔話をすると「そう、そう。」と言って、少し
以前の事を思い出しているようです。

機嫌が良くない時もありますが、元気に過ごしています。

 

 

所有者が認知症の場合、不動産は売れない?

 

 

認知症と診断されると、本人や、家族が売る事に同意していても
すぐに売却する事は出来なくなります。
自宅の場合、家庭裁判所の許可が必要になります。

老後の介護費用や、施設の入居費用や月々かかる費用を
自宅売却資金で充当するという事なら
【認知症】になる前に、売却しておかなければなりません。

 

自宅の場合、売っても税金はあまりかからない

 

 

現在住んでいる、若しくは【住まなくなって3年以内】の自宅を
売った場合、3000万円の利益までには税金がかかりません。

居住用財産を売る場合には税制の優遇があるのです。

買った時より売値が下がっている場合は、利益が出ていないので
税金はかかりません。

 

なにより、自分の意志で自宅を処分するのですから、手元に残っ
たお金を何に使おうが、自由です。
子と同居するのも良い選択ですし、同居しないまでも近くのマン
ションに住替える事も出来ます。

 

資産が豊富にある場合

 

 

老後の資金や、相続税対策も出来ている場合は、仮に認知症に
なったとしても、資金的に子に迷惑がかかる事はないので、
すぐに自宅を売る必要はありません。
しかし、相続人が多い、相続人の仲が悪いという場合は、遺言
や、信託契約若しくは売却による資産の組み換えを、考えた方
が良いかも知れません。

 

 

1人暮らしの場合は要注意

 

 

配偶者が亡くなる事は、人生の中でも一番つらい事です。
私の母もそうでしたが、父が亡くなってから、少しづつ認知症が
進んでいきました。

1人になったら、家を売って子と暮らすか、施設に入居するか等
を事前に話し合っておいた方が良いと思います。

相続する資産が自宅のみの場合は、早めに換金しておき、いつ何
が起きても、あわてないようにしておいた方が良いです。

 

   

 

 

【今回のポイント】

1.老後の貯えが少ない場合、認知症になる前に自宅を売って
  おいた方が良い。

※施設の入居費用や、月額費用は結構かかります。年金受給額
 なども今のうち
に把握しておいた方が良いです。


2.相続人間(子)のもめ事が予想される場合、財産を分けや
  すいようにしておいた方が良い。

※相続後数10年以上空き家になっている物件も多いです。

 

3.1人暮らしになった場合、どうするかを事前に子と話をし
  ておいた方が良い。

※子も家庭がありますから、事前によく話し合った方が良いです。

 

(未来堂代表 皆川)

 

自宅の売却相談は随時、無料で行っています。

お気軽にご相談ください。

電話 045-662-7011

メール相談お問合わせ 

 

お知らせ一覧に戻る

お問い合わせ